Black Man in Japan ~黒人カナディアンの東京生活~

東京に生活した、いち黒人カナディアンが感じた日本と外国の文化や生活の違いをブログにします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラスタの価値観と生き方【the rasta way of life】Part3…儀式と祝日

ブログ書こうと、英語の文はできてたのに、日本語で遅くなってしまってた。。。もしチェックしてくれてた人いたら、ごめんなさい!
コメントもいただいてるのに。。。!返事もこれからします!ごめんね


ラスタの価値観と生き方【the rasta way of life】Part3…儀式
儀式
ラスタには2つの宗教的儀式がある。

Reasoning と Groundationだ。
Reasoningは、ラスタが集まって、ガンジャ(マリファナ大麻)を吸いながら、社会や、宗教、その他の大切な事について話し合う。
これは面白いトピックだと思う、なぜなら色んなところで「ハイになる」や他の事はいつも話されてるけど、その多くの人達は背景にある本来の文化を知らないからだ。
そのハーブに"火を灯す"人は、吸う(Spliffという紙巻きか Chaliceというパイプで吸う※写真、下にupしました)前に小さな祈りをする。
人々は丸く円になって座り、時計回りにガンジャを吸って次の人に回していく。戦争の時は、反時計回りに回していく。


Groundation もしくは現地語“Binghi”はもう1つの儀式だ。
神聖な日に、人々はダンスをしたり、歌ったり、ごちそうを食べたり、もちろん、ガンジャを吸ったりする。通常は、数日にわたって続く。
Groundationは、以下の神聖な儀式の日に、行われる。
1月7日- Oriental Orthodox Christmas
2月6日- ボブマーレー(Bob Marley)の誕生日
5月11日-ボブマーレー(Bob Marley)の命日
4月21日- ハイレセラシがジャマイカを訪れた記念日、Grounation Dayとして知られる。
7月23日-ハイレセラシ皇帝(Haile Sellasie)の誕生日
8月17日-マルカスガーベイ(Marcus Garvey)の誕生日
9月11日-エチオピアの元旦
11月2日-ハイレセラシ(Haile Sellasie)の統一記念日


Ceremonies (Part 3)

There are two types of religious ceremonies for Rastas.
Reasoning and Groundation.

Reasoning- Is when Rastas come together to smoke Marijuana (Ganja), and talk about Society, Religion, and other important issues.
This is a funny topic, because everyone is always talking about “getting high” and other shit, but they don’t know the real culture behind it.
The person who “lights” the herb says a short prayer before igniting the “Spliff OR Chalice”.
The “Ganja” is passed around clockwise, but at times of war it is passed counterclockwise.


Groundation- Or “Binghi” is a Holy day. Binghis are marked by dancing, singing, feasting, and of course smoking of Ganja; and can usually last for several of days.

Some Important days when Groundation may take place are:
January 7- Oriental Orthodox Christmas
February 6- The Birthday of Bob Marley
May 11- The day that Bob Marley passed on (died)
April 21st- The Anniversary of Haile Sellasie’s visit to Jamaica; Also known as “Grounation Day”
July 23rd- The Birthday of Emperor Haile Sellasie
August 17- The Birthday of Marcus Garvey
September 11- Ethiopian New Year
November 2nd- The Coronation of Haile Sellasie
スポンサーサイト

| Reggae【レゲエ】 | 08:25 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ラスタの価値観と生き方【the rasta way of life】Part2…神様、ハイレセラシエ1世、アフリカ人のそして黒人のプライド

ラスタの価値観と生き方(Part 2…神様、ハイレセラシエ1世、アフリカ人のそして黒人のプライド)

Part1(ラスタファリ運動)はこららから


神様

ラスタの人々は、“Jah”と呼ばれる、唯一神を信じている。
ラスタは、Jah(神)を「神の父」「神の子」「神聖な精神」だと見なしている。その3つ全てが1つにまとまっている。(三位一体)
彼らは神と神聖な精神は人間の中に住んでいて、だから 彼らは、「我々」という時、「我々」の代わりに“I and I”(私と私)という言い方をする。
彼らが言いたいポイントは、全ての人間は平等で、我々の中に神が存在する、とすることで、全員を平等にするという事だ。

地球上に神がイエス・キリストの姿で、人々に知識をもたらすために存在していたとする聖書に賛成するラスタもいれば、聖書の教えはバビロンの崩壊によって、崩壊したと感じるラスタもいる。

ハイレ・セラシエ1世

ハイレ・セラシエ1世は1892年に生まれ、1975年に亡くなった。
そして彼は1930~1974年まで、エチオピアの皇帝だった。

ラスタは、ハイレ・セラシエ1世こそが、イエスキリストの生まれ代わりで、だから地球上にいた神だと信じている。
彼らは又、ハイレ・セラシエ1世が、人々を完全な理想の世界“Zion”「ザイオン」の創造に導いてくれると信じている。“Zion”「ザイオン」は、ラスタにとっての理想郷だ。
彼らが信じるその場所は、新エルサレム(エチオピア、ラリベラ)になるだろうとされている。

ハイレ・セラシエ1世が亡くなった時、ラスタは、神様がなくなるなんて信じられなくて、1975年の彼の死は単なる嘘だと思った。
ラスタにとって、ハイレ・セラシエ1世は、神であり王様だった。彼は、その時代アフリカ唯一の黒人の指導者だった時、世界の権力がある国々の指導者たちの前に立ち上がった。だから、ラスタは彼こそが崇拝する唯一の人だと思った。
ラスタは、セラシエ1世に対する忠誠を最初から皇帝になった後も守っている。そして、今日でも、ラスタはエチオピアの国旗で、彼へのリスペクトを示している。

アフリカのそして黒人のプライド

ラスタの人たちが信じる教えでは、アフリカ(エチオピア)が、ザイオン(Zion)が創造される場所である。
ラスタファリでは、アフリカの文化が中心になっている。

ラスタファリ運動では、西洋社会もしくはバビロンは悪で、バビロンは常に、奴隷貿易でたくさんの黒人に影響を与えた白人によって占領されている。
ラスタファリでは、アフリカと黒人に注目しているけど、白人を含んだ他の人種の人たちも受け入れられている。

その理由は、ラスタファリは、全ての人種のためのものだからだ。

ラスタファリは、貧しいジャマイカのエリアのほとんどの場所で広まりだした、なぜなら彼らは社会の中でも抑圧されて生きていたからだ。



下記の絵を1日1回クリックして頂くことで、
ランキングがあがります。どうか、よろしくお願いします★






God

Rastas believe in ONE GOD whom they call “Jah”.
Rastas see “Jah” (God) as being “God the father, God the son, and the Holy Spirit”. All combined together. (Holy Trinity)
They say that God and the Holy spirit lives within humans, and this is why they often refer to themselves as “I and I”.
I and I is used instead of “We”.

The point that they are trying to make is that ALL human beings are equal, and that by having God in us makes us the same.

Some Rastas agree with the Bible when it says that God was living on earth in the form of Jesus Christ; who gave knowledge to people on Earth.
But there are others that feel that his teachings were Tainted/Corrupted by Babylon.


Haile Selassie I

Haile Selassie I was born in 1892 and died in the year 1975, and was the Emperor of Ethiopia from 1930-1974.
Rastas believe that Selassie I was the reincarnation of Jesus Christ, and therefore was God on earth. (Flesh and Blood)They also believe that he will lead the people into creating a perfect world called “Zion”.
Zion is paradise for Rastas. The place where they believe it’s going to be is in The New Jerusalem (Lalibela, Ethiopia).

When Haile Selassie I died, Rastas could not accept that “God” can die, and then thought his death in 1975 was a lie or hoax.
In the minds of Rastas, Haile Sellasie was and is their God and King. They feel that he is the only person who is worthy of their worship, because he stood up in front of the leaders of the world’s most powerful nations; when he was still the only black leader in Africa. Rastas kept their loyalty for Sellasie I from the beginning, and was free people under his rule as Emperor. Even today, Rastas give respect to the Ethiopian flag.

African People and Black Pride

The teachings that are usually spoken from Rastas are that Africa (Ethiopia) is where Zion will be created. Rastafari usually centers itself around African culture.

The Rastafari Movement believes that Western Society, or Babylon is evil, and that Babylon has always been white-dominated; is responsible for the Atlantic Slave Trade which has affected many blacks.
Even though their focus is on Africa and black people, members of other races, including whites, are accepted by the blacks in the Rastafari Movement.
The reason is because above all else, Rastafari is for all people.

Rastafari started to surface in most of the poor Jamaican areas, because they felt that they were being kept down by society.

| Reggae【レゲエ】 | 17:18 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ラスタの価値観と生き方【the rasta way of life】Part1…ラスタファリ運動

ラスタの価値観と生き方(Part 1…ラスタファリ運動)

ジャマイカを語る上で、ラスタについて話すのは欠かせない。でも、これはとても難しいトピックだ

僕が何を知ってるか、考えなくちゃいけなかったし、父親に聞いたり、自分で調べたりもした。
誰にも間違った情報は伝えたくないから。

このトピックは少し長くなるから、いくつかのパートに分けることにする。

うまく伝わったらいいな。Peace (BLESS)


ラスタファリ運動(The Rastafari Movement)は、アブラハム文化(ヘブライ文化)が元祖で、最後で真のエチオピアの皇帝(Haile Selassie I)Haile Selassie 1世が、地球上に住んでいた肉体の神様だと信じる新しい宗教だ。

彼の別の名は、ジャー“Jah”か ジャーラスタファリ(Jah Rastafari)と呼ばれていた。
その活動は、通常の祈りに、Cannabisやマリファナをスピリチュアルな目的で使うコトも含まれる。

彼らがその宗教を信仰し続けるのは、いつも困難だ。なぜなら、西洋社会(西洋社会は、彼らの言葉で「混乱」を意味するバビロンと呼ばれている)は、ラスタの人々がマリファナ(ガンジャ)を吸えない法律を作ったからだ。

もう1つには、ジャマイカの時事評論家で黒人国家主義者のMarcus Garveyが唱えた事がある。
彼の視点や教えは、ラスタやその仲間の間で話されている。
エチオピアの最後の皇帝Haile Selassieは、エチオピアをもっと現代社会に変えたかったから、初の空港と病院を、そこの人々の為に誘致した。


ラスタファリ運動は、20世紀にジャマイカにやってきて、それ以降今まで増え続けている。
ラスタの人々はアフリカ(彼らの言葉で、ザイオン"Zion")が地球上で人間の身体が発見された最初の場所だとのべている。

“Rastafari”ラスタファリという名前は、いくつかの違った由来のコンビネーションだ。

ラス“Ras”の意味は、頭だ。エチオピアで、この単語は、“Duke”と同じように使われている。 “Duke”はゲルマン人によって使われていた単語で、「軍隊の司令者」という意味合いで使われている。

最後の方のタファリ“Tafari”は、皇帝Selassieの元の名前の一部だ。
彼がエチオピアの皇帝になる前、Tefari Makonnenという名前だった。
人々はこのラスタファリ運動をラスタファリアニズム“Rastafarianism”と呼ぶことがあるが、たくさんのラスタの人々は、攻撃的に受けとめる可能性があるから、使わない方がいいかもしれない。


下記の絵を1日1回クリックして頂くことで、
ランキングがあがります。どうか、よろしくお願いします★




The Rastafari Movement (Part 1)

This was a really hard topic to cover.
I had to think of all of the things that I know, I had to ask my dad about some stuff,
and I had to do a lot of research.
I wouldn’t want to give any one any false info, so I went all out on this one.
This blog entry is going to be a bit long, so I’m going to break it up in parts.
I hope everyone is feeling it. Peace (BLESS)

The Rastafari Movement is an Abrahamic (Hebrew), new religious movement that believes that Haile Selassie I, the last and true Emperor of Ethiopia was the God of flesh that was living on Earth. Other names that were used to call him were “Jah” OR Jah Rastafari.
The Movement includes the SPIRITUAL use of Cannabis, or Marijuana in their regular prayers. It had been a constant struggle for them to uphold their religion, because Western Society (Called Babylon, which literally means “Confusion”) has made laws to prevent Rastas/Dreads from smoking their Ganja.

Some of the teachings were also about Black social and Political problems, which were voiced by Jamaican Publicist and Black Nationalist Marcus Garvey. His views and teachings are often discussed between Rastas and their Brethren (Group Members or Close friends).
Haile Selassie wanted to change Ethiopia into more of a modern county, so he ordered the first Airport and Hospital to be made for his people.
The Rastafari Movement came to Jamaica in the 20th Century, and began to grow in popularity from that time until now.
Rastas claim that Africa also“Zion”was the first place (on earth) that a human body was discovered.

The name “Rastafari” is the blend or combination or words from different origins.

“Ras” means “Head”. In Ethiopia, the use of this word is the same as “Duke” which was used by the Germanic People (Germans…I think.) and the name “Duke” had resemblance to the title of “Military Commander”. The other part of the name“Tafari” was part of Selassie’s ORIGINAL name which was given to him; before he became the Emperor of Ethiopia. His name was Tefari Makonnen.

People usually call the movement “Rastafarianism” but a lot of Rastas find this word offensive, so it’s better not to use it.

rasta flag

| Reggae【レゲエ】 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスペクト 【Respect】

リスペクト【Respect】


この話は短めにする。この話をおもしろいと思うかもしれないし、恐ろしいと思うかもしれない(笑)


ある日、僕は父さんと出かけた。
父さんの友達のパーティーに行った。
そこに着いたら、みんながぼくがどれだけ大きくなったか、と言った。
10才ぶり位に会ったから。

その時…父の友達の1人がジョークを言い始めた。。。

父の友達:
「よぉ、Big D! お前の息子大きくなったな!もし、息子がお前の顔を2回パンチしたら、
お前がやられちゃう方にいくらでも金を賭けるよ。ははは(笑)!

彼の友達がそう言った時、みんなが笑いだした……僕と父以外は!

父は僕の目を射る様に見ると、その友人を振り返って言った、

父:「俺の息子は決して俺を下に見たりしない…もし彼がそうしようとしたら、銃を手に入れて彼のひざを撃つさ」

*一瞬の静寂*

「はははははは!」みんな笑いだした!

僕を見て笑ってた。だから、僕は彼らに言わなくちゃいけなかった…

Dkwan:「父さんは、真剣に言ってる!そんな事を彼の頭に植え付けないで!」

そして、僕は知ってる、彼は冗談で言ったんじゃなかった。
彼が僕を見た時、彼の目が全てを語ってた…。


ジャマイカでのリスペクト精神はとても重大なことだ。
両親を尊敬すること、自分より年上を尊敬すること、自分の文化を尊敬することなど。
もし誰かが誰かを尊敬しなかった時、2つのうちどちらかが起こる。

いつもじゃないけど、ほとんどの場合そうだ。この2つとは……、乱闘か死!

ホントの話!

下記の絵を1日1回クリックして頂くことで、
ランキングがあがります。どうか、よろしくお願いします★




【Respect】

I’m gonna make this one short. Some might find this funny and others will be terrified. Ha-ha

One day I went out with my father. We were going to some party with his friends.
When we got there, everyone was saying how big I've become, because it was probably 10 or more years since I saw any of them.

THEN… One of my dad’s friends started joking around…
Dads friend: "Yo big D! Yuh son big! Mi bet ANY money dat him coulda give yuh 2 box n yuh dun! Ha-ha-ha”
English Translation: "Yo big D! Your son's big! I bet you any money that if he was to punch you twice in the face that you would be done (knocked out!) Ha-ha-ha”

When his friend said that, everyone started laughing… EXCEPT me and my dad!
He just looked at me dead in the eye, turned to his friends and said…

My Dad: “Mi son woulda neva disrespect him fadda suh… If him wan come test, mi woulda get a gun n shot em inna him knee dem” English Translation: “My son would never disrespect me… If he wants to try, I would go and get a gun and shoot him in his knees”

*SILENCE*

“Ha-ha-ha-ha-ha-ha-ha-ha-ha!”
Everyone started laughing! And they were laughing at me! I had to tell them…
Dkwan: “He ain’t playing! Don’t even put that in his head!” (He’s serious! Don’t even put that image in his mind)
and I KNOW my dad wasn’t joking around. It was just that look in his eye when he looked at me…

Respect in Jamaica is a big thing. Respect for your parents, Respect for your elders, Respect for your culture, etc.
When one doesn’t respect someone, 1 of 2 things will happen. Not always, but most of the time… These are the 2 things!
A fight or death!

TRUE STORY!

| Dreamers 【夢について】 | 23:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャマイカとカナダの国歌 【Jamaican and Canadian Anthems】

Jamaican and Canadian Anthemsジャマイカかなだ

両方の国歌を訳して紹介するのは、その国の人達がどういう考えを持ってるかのアイディアを知るのに、いいかな、と思った。
それぞれの国の国歌で、人々はどこの出身で、自分が誰なのか、そして何を信じるのかを思い出させられる。
日本に住んでいた時、日本の国歌がほとんどの人の間で、議論されてるのを知った。
戦争や色んなものが背景にあって。
ぼくは、自分自身に思った・・・
「もし日本の国歌がそんなに議論されるべきものなら・・・ほとんどの人が気にいって賛成するような新しい国歌を作ったらいいんじゃないか?」

多分、コンテストで皆が日本についてどれだけ素晴らしいか、日本の人たちが信じるもの、
そしてどういうことが日本人の強みや文化を素晴らしいものにしてくれるかを
書いてみるのもいいかもしれない。
何か、日本の国全体がモチベーションが高まるものを。

僕が、カナダやジャマイカの国歌を聞くと、
すぐに立ち上がって、どれだけそれを誇りに思ってるか見せる。
個人的には、ジャマイカ人であることをもっと誇りに思ってるけど(笑)

皆は自分の国について、そして国歌についてどう思ってるんだろう?聞いてみたい。

下記の絵を1日1回クリックして頂くことで、
ランキングがあがります。どうか、よろしくお願いします★




ジャマイカジャマイカ 国歌ジャマイカ
永遠の父(神)よ、私達の土地にご加護を
あなたの強大な手で、私達を導いてください
悪の力から、私達を守ってください
ずっと私達の明かりでいてください。
偉大なる防御者である、私達の指導者に

天から真の知恵を授けてください。
正義と真実は永遠に私達のもの。
ジャマイカ、私達の愛する国
ジャマイカ、ジャマイカ、ジャマイカ、私達の愛する国

私達に全ての人を真に尊敬する方法を教えてください。
皆にそれぞれやるべき事をやるように警告して下さい。
私たちの弱さを強くして下さい、それを大事にできるように。
私たちに先見の明を与えてください、私たちが滅びないように。
神は私たちに知識を与えてくれる。

天から真の知恵を授けてください。
正義と真実は永遠に私達のもの。
ジャマイカ、私達の愛する国
ジャマイカ、ジャマイカ、ジャマイカ、私達の愛する国



かなだカナダ 国歌かなだ

おぉカナダ!
私たちの家そして先住民の土地。  
あなたの息子たち(神の子である私達)が持つ真の愛国心
私たちはあなた(カナダ)ができあがるのを心が成長しながら見守ってる
真の北の国(カナダ)、強くて自由な!

あらゆる所から、
おぉカナダ、私たちは保護する自分の国を。
神は私達の国を壮大で自由に保ってくれる。
おぉカナダ、私たちは保護する自分の国を。
おぉカナダ、私たちは保護する自分の国を。


Jamaican and Canadian Anthemsジャマイカかなだ


I thought it would be a good idea to translate both national anthems,
so everyone can have an idea of how people in these countries think.
The National Anthem for each country is something to remind people of where they come from, who they are, and what they believe in.
While living In Japan,
I found out that the Japanese National Anthem is kind of controversial to most people,
because of the war and so forth.

So I thought to myself.
“If the Japanese National Anthem is so controversial….
Why not make a NEW National Anthem that most people will like and agree with?”

I thought this might be a good idea.
Maybe a contest can be held, so people can write an anthem talking about how great Japan is,
what people in Japan believe in, and what makes Japanese people great and about their strengths and culture.
Something to motivate the whole country ya know? (Do you know what I mean?)

When I hear the Canadian or Jamaican Anthem,
I stand up right away to show how proud I am.
I have way more pride in Jamaican though. Ha-ha!

What does everyone else think about countries and their National Anthems?

ジャマイカJamaican Anthem!!ジャマイカ

Eternal Father, Bless our Land
Guide us with thy mighty hand
Keep us free from evil powers
Be our light through countless hours
To our leaders, great defender
Grant true wisdom from above
Justice, truth be ours forever
Jamaica, land we love
Jamaica, Jamaica, Jamaica, land we love

Teach us true respect for all
Stir response to duty's call
Strengthen us the weak to cherish
Give us vision lest we perish
Knowledge send us Heavenly Father
Grant true wisdom from above
Justice, truth be ours forever
Jamaica, land we love
Jamaica, Jamaica, Jamaica, land we love



かなだCanadian Anthem!!かなだ

O Canada!
Our home and native land!
True patriot love in all thy sons command.
With glowing hearts we see thee rise,
The True North strong and free!
From far and wide,
O Canada, we stand on guard for thee.
God keep our land glorious and free!
O Canada, we stand on guard for thee.
O Canada, we stand on guard for thee.

| Culture 【文化】 | 13:25 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。